柔軟性

適切に設計された遮音空間は、従業員にとって快適な職場となります。会議室では会議の協調性が増し、会議室の外にいるスタッフの仕事は影響を受けません。会議室での議論も外にいるスタッフのストレスレベルが上昇する環境を創りません。 音響プライバシーの最も重要な側面の1つは、会話のプライバシーを実現することです。会議室での会話は外側には声や音は聞こえますが、会話の内容はわかりません。 クレストラハウザーマンソリューションは、フルハイトのパーティションとドア、オペラブルウォール、吸音材、フォンブース、吸音天井のあるより大きな既成会議スペースを備えており、ユーザーに必要なレベルのプライバシーを提供します。各システムの試験結果も入手可能です。 ユーザーにとってより快適な環境のためには、視覚的なプライバシーも重要です。カーテン、手動、電気ブラインド、コーキングシール、および調光ガラス技術などとの組み合わせにより、クレストラハウザーマン製品は、生産性、仕事の満足度、および集中を高めるプライベートな雰囲気を実現しました。