持続可能を超えて

建設業界は、地球温暖化と産業廃棄物の発生に最も大きな影響を与えている業界の1つです。建設方法は何十年も変わらず、ほとんどの業界は、主に価格競争と工期のために持続可能なアプローチを採用することに消極的です。しかし地球温暖化と廃棄物が増えた結果、これまで以上に人々の生活に影響を与えており、建設業界を取り巻く環境に対して根本的な倫理的変化を起こさなければなりません。
可動式で再利用可能なパーティションを備えたオフィスを設置するというクレストラハウザーマンの100年前のアイデアが今日ほど重要視されたことはありませんでした。実際、クレストラは、最終的に取り壊され、不要な廃棄物、トラック輸送、騒音公害を引き起こす造作壁の代わりに、無限に再利用、解体・組立可能なソリューションを提供しています。
クレストラの全製品は、この哲学に基づいて設計されています。パーティションの製造に使用される材料は、最高の環境基準に対応するだけでなく、製品のライフサイクルは再構成によって延長されます。この循環経済モデルは、建物から発生する環境汚染を削減するだけでなく、オフィスのテナントに多くの利点を提供します。

  • 大きな改装工事が伴わずにワークスペースを自由に再編成できるため、ユーザーにとってストレスもなく、仕事も中断されません。
  • オンデマンドの工場製造工程により、既存のパーティションシステムをアップグレードして、ユーザーの業務パフォーマンスを向上させることができます。
  • オフィスのライフサイクル期間に長期的な投資収益率を最大にすることができます。クレストラハウザーマンのパーティションは、既存の壁を撤去し、新しい壁を建設し、廃棄物を除去しなければならない従来の改装作業よりもはるかにコストパフォーマンスが高くなります。さらに、空気中に放出されるVOCの量が少ないため、空調メンテナンス費用が大幅に削減されます。

クレストラハウザーマンのソリューションは持続可能なだけでなく、組織がワークスペースを有効に利用し、会社組織の変化に柔軟に対応でき、何よりも環境負荷を削減するための長期的なツールでもあります。

prefabricated partiions concept